テーマソングの話

東京バンド研究会には、テーマソングがあります。スタッフバンドGISEIFLYSによる、「An anthem」。初録が2014年なので、ずいぶん前のことです。なかなか披露する機会もなかったのですが、GISEIFLYSが出演するときは必ずプレイしています。

このイベントを続けてきて、本当にいろんな出会いがありました。

人生で初めてのライブハウスでのステージ出演に、緊張で終演後に号泣した女の子がいました。
友人のステージを観に来てバンドに興味を持ち、その場でメンバーを募って2か月後に出演した人もいました。
数年間の海外派遣の直前、最後のステージに出演した船乗りドラマーもいました。
東京バンド研究会で出会い、結婚したカップルもいます。

そうした数多くのシーンを目の当たりにして、私たちのミッションが固まりました。

すべての人びとがステージに上がれる場をつくること。

ステージの上で、照明を浴びて、多くの仲間の前で音楽をプレイする。その興奮と喜びを、これからもずっと、私たちは見つめていたいと思います。

そんな決意を込めてつくった、東京バンド研究会テーマソング、「An anthem」。
ぜひ、聴いてみてください。

An anthem/GISEIFLYS

Why don’t you let me start the rock and roll,
and you’ll see the really what you want.
We’ve got the mind for twist and shout,
so already here.

一人の夜に流れた胸を焦がすGarage Punkも
遠くの恋を思ったHarmony Popsも

When you walk away to the spotlight,
信じられないほど
Never stop the vibe, never be scared just now.

It’s players’ song,
it’s players’ gong,
it’s players’ long.
We’re on the right track, no doubt I believe.
止め処なく流れ出す音に寄せて
It’s players’ sound,
it’s a players’ bound,
it’s a players’ round.
We’re on the right track, no doubt I believe.
弾けるビートにいま君を乗せて With you

黄色いギターを背負って歩く帰り道に
あの曲のコードのような虹を見た

憧れはいつだって君を呼んでいる
Never stop the vibe, never be scared just now.

It’s players’ song,
it’s players’ gong,
it’s players’ long.
We’re on the right track, no doubt I believe.
止め処なく流れ出す音に寄せて
It’s players’ sound,
it’s a players’ bound,
it’s a players’ round.
We’re on the right track, no doubt I believe.
弾けるビートにいま君を乗せて With you

Hey hands up now! Hey hands up now!
見えないリズムを捕まえるように
この歌はいつかきっと世界を変える
Hey hands up now! Hey hands up now!
熱い空気に君を突き刺せ
この時はいつかきっと君を変える

It’s players’ song,
it’s players’ gong,
it’s players’ long.
We’re on the right track, no doubt I believe.
止め処なく流れ出す音に寄せて
It’s players’ sound,
it’s a players’ bound,
it’s a players’ round.
We’re on the right track, no doubt I believe.
弾けるビートにいま君を乗せて With you