010 プロローグ 10

いつのまにか、ぼくはそのバンドのメンバーである自分を、すんなり受け入れていた。先が見通せない不安は確かにある。けれど、思う存分制作に集中できる環境で作品をつくり、リリースする、そのビジョンはとても魅力的だった。胸にしまったはずのプレイヤーへの思いが、また頭をもたげてきたのを感じた。そのことをキバさんは、きっと見通したことだろう。もうすでに、プロジェクトは動き出した。

「じゃあ、とりあえずめぼしいスタジオミュージシャンに声をかけて、このバンドの音源を販売してくれるレコード会社とかレーベルを探して…」
「いや、それはしない。鹿浜橋ミュージックで得た人脈は、俺らのバンドでは使わない」

キバさんは、人脈を「足枷」だといった。

「人脈が、しがらみを生む。オマエだって、わかってるだろ。それは足枷になりかねない。バンドにとって必ずしも上手く作用するとは限らない」

確かに、その通りだ。音楽業界は、レコード会社、制作会社、プロダクション、音楽出版社、著作権管理会社、広告代理店、テレビやラジオ…と、細分化していくとキリがない。基本的には、それぞれの会社が自社のミッションを果たすことで、良い作品が生まれたり、効率的に流通できたり、大掛かりなキャンペーンが実行できるわけだ。普段はそれでいいけれど、さまざまなしがらみを生む温床になっている面もなくはない。しかも、会社をまたいだ転職も日常茶飯事だ。気がついたら、会社同士、人間同士の人脈に、プロフェッショナルであるはずの個人がからめとられてしまうことだってある。

「せっかくいい作品をつくっても、あの人に恩があるからリリースはこの会社、鹿浜橋ミュージックでお世話になったからプロモーションはこの会社、なんてやってらんないだろ。その都度その都度、いちばんいい選択をすればいいんだ。そのためには、少なくとも何年かは、できるだけ貸し借りを少なくして、あくまで全方位から独立したバンドとして活動していきたい」

もう、迷いはない。

「わかりました、やりましょう、バンド」
「ああ。とりあえずあと1月、鹿浜橋ミュージックにちゃんと恩返しして、7月から始動だな」

ぬるくなって炭酸も抜けたコーラで、乾杯した。

ふたつの手錠、ひとつの足枷。このバンドは、自由になろうとしている。