011 メッセージソングといえば?

ラブソングと双璧をなす作詞ジャンルの二大定番といえば、メッセージソングです。このジャンルはあまりにも広すぎて、定義することは難しいです(明らかなラブソングではないものがすべてメッセージソングに分類されている、といってもいいでしょう)。

そんな中でも、特に種類の多いサブジャンルは、次のようになるかとおもいます。

いつまでも熱く輝く友情、仲間

友の声が胸に響いた 涙で滲んじゃ道は見えないんだ
いま GET UP 見上げんだ ほら同じ空 決して孤独じゃねえんだ
すべて背負い込むことはないさ いーか皆居んだ いま信じるんだキズナ

キズナ/ORANGE RANGE(作詞:ORANGE RANGE)

がんばっている誰かを応援!

負けないで もう少し最後まで走り抜けて どんなに離れてても心はそばにいるわ
追いかけて 遥かな夢を

負けないで/ZARD(作詞:坂井泉水)

自分ががんばる!その決意を歌に!

閉ざされたドアの向こうに新しい何かが待っていて
きっと、きっとって僕を動かしてる
いいことばかりではないさ でも次の扉をノックしたい
もっと大きなはずの自分を探す終わりなき旅

終わりなき旅/Mr.Children(作詞:KAZUTOSHI SAKURAI)

いつもは言えないけれど、本当は大好きな家族の歌!

おかえり I’m home 一言で満たされる心
おかえり Sweet home 帰る場所 愛をありがとう

おかえり/絢香(作詞:絢香)

やっぱりテーマが明確だと、言葉も選び方もストレートになるし、強いメッセージを発することができます。『負けないで』なんて、発売は1993年、映画でいえば、『ジュラシック・パーク』が公開された年。そんなに長い間、日本中で流され続けて、誰かの心を奮い立たせていたなんて、恐るべき作品です。

ここには代表的な作品を挙げましたが、きっとみなさんにも、それぞれのMy Favoritesがあるでしょう。決意ソングで『昴/谷村新司』とか、応援ソングで『栄光の架橋/ゆず』とか。いずれにせよ、メッセージソングのポイントは、あまり遠回りせず、きちんと描き切ることです。