カテゴリー: precount

PRECOUNT

城谷英司

老舗の中堅レコード会社で音楽ディレクターとして働いていたぼく、サトルは、新しくバンドに参加することに。けれどメンバー探しは難航を極める。前代未聞、情熱と根性のバンドメンバー捜索ストーリー。

毎週火曜日更新。

【著者プロフィール】

ライトノベルを中心に執筆活動を続ける。本作では、新たな筆名で一般文芸に挑む。

016 元アイドルの女06

「ねえ、バンドって、どうなるの?」 「いや、わかんない。曲書いて、デモテープつくって、メンバー探して、ライブやって、動員...

015 元アイドルの女05

「きみはロックを歌うべきだ。本当は、自分でもそれを望んでいるんだろ」 はっとした表情で、彼女は下を向いた。好きな人を言い...

014 元アイドルの女04

「いや、ちょっ…」 宮中しほりが絶句したのとは対照的に、ぼくは無理やり割って入った。それは、絶対にやっちゃいけないことだ...

013 元アイドルの女03

「いま、彼女のこれからの展開について考えてたところなんだわ。このまま続けていっても、たいして数字が伸びることもないだろう...

012 元アイドルの女02

会場は、想像よりはるかにグレードを落としていた。古びたパーティルームの中部屋に、サファイアと鹿浜橋ミュージックだけ、7人...

011 元アイドルの女01

バンドを組むことになってから数週間、宮中しほりの、制作、営業、プロモーションの総合打ち上げがあった。たまたま直前の現場で...