まめ知識

コラーゲンでうるおうお肌に!

肌の真皮層の約7割は私たちがよく知るコラーゲンで出来ています。
コラーゲンはクッションや緩衝剤の役割をしており、肌の潤いを保持してハリを保っています。
生まれたての赤ちゃんがもっとも多くのこの物質を有しており、20歳〜25歳をピークに体からはどんどん失われていき、加齢と共に不足しやすい傾向にあります。

これが不足すると、まず肌に影響が表れてきます。
ハリやツヤがなくなって、代わりにしわやたるみが見られるようになり、鏡などで見ると老けたことを認識できるようになります。
また髪の毛についても、真皮層のコラーゲンが減少することで頭皮が硬くなってしまうので、新しく毛髪を生産しにくい状態に近づいていきます。

つまりコラーゲンは、肌や髪のような目に見える部分の老化を予防するとともに、潤いを保持して美しい肌を保つサポートをしてくれるのです。
コラーゲンは食べ物から摂取http://bgame.jp/koragenn.htmlすると良いと言われています。
しかし最近では食生活や生活スタイルの変化により、サプリメントやドリンクを使って補っている方が増えてきました。

これが体内に入ると、血管から線維芽細胞へ届き、弾力を保持する組織を構築するように命令を出します。
そこではじめて線維芽細胞が増え、体中の組織や肌などに弾力がついていきます。
コラーゲンを一切摂らなければ、もちろん弾力は失われていきますから、実年齢よりも老け込んだ見た目へと近づいてしまいます。

特に現代人は食生活が偏りがちで、コラーゲンの豊富な食材を摂らない方も増えていますから、自然な老化とは別に紫外線や乾燥による老化が進みやすく、見た目をいつまでも美しく保つためにはサプリメントや健康食品など、工夫してコラーゲンを摂取する必要があります。
すでにコラーゲンは美容分野にも応用され、シワに注射することで見た目を若くする「若返り」の施術が考案されています。
外側から補うことももちろんですが、コラーゲンは全身に存在する大切なクッションですから、体内にもしっかりと補うように心掛けたいものです。
コラーゲンと相性が良く一緒に摂ると良い成分もいくつかありますので、他の成分と併せて摂っていくのも良いでしょう。

Copyright(C) 2013 肌に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.