まめ知識

コラーゲンの種類いろいろ

美容に効果が高いとされる「コラーゲン」は、1種類の物質ではなく少なくとも30種類以上が存在していると言われています。
何をどう生活に摂り入れれば美容に効果的なのか、気になる方もいらっしゃることでしょう。
今回はその種類についていくつか紹介していきたいと思います。

・T型コラーゲン
「T型」と呼ばれるものは人体の中にもっとも多く存在するもので、繊維性であることが特徴です。
主に骨や皮膚などの組織を形成し、皮膚の9割はこのT型のものから構成されているとよく言われています。
化粧品など、美肌や美白効果を目的とする製品にもT型のものが多く配合されています。
加齢とともに減少することでも知られています。

・U型コラーゲン
「U型」と呼ばれるものは軟骨部分に含まれ、関節や筋肉など運動に必要な部分を支えるものです。
特にU型のものは血管や血液、筋肉、腱などにも多く含まれているため、T型とあわせて重要な物質のひとつです。

・V型コラーゲン
「V型」と呼ばれるものはT型と共存して存在し、細胞の土台や足場になっているものです。
アンチエイジングにも効果があるとされ、V型のものが体内に充足していると肌の弾力やハリが生まれ、なおかつ潤いのある健康的な肌が造られていきます。
また、これには原材料から「動物性のもの」と「海洋性のもの」の二種類に分けることができます。

・動物性コラーゲン
動物性コラーゲン」と呼ばれるものは、牛や豚や鳥などの体に存在するもので、具体的には体の中から抽出されたゼラチンを指します。

・海洋性コラーゲン
海洋性コラーゲン」と呼ばれるものは魚から抽出したもので、魚の骨や皮から抽出した部分は「マリンコラーゲン」うろこから抽出した部分は「スカールコラーゲン」と呼ばれて区別されています。
また海洋性のものは水溶性であり、人体に入ると消化吸収が容易であるということで、数あるもののなかでも上質なものとしてよく用いられています。

Copyright(C) 2013 肌に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.