まめ知識

気になるコラーゲン化粧品の効果

30代、40代と年を重ねるにつれて気になりはじめるお肌のしわやくすみ。
中には乾燥肌になる方もいるようで、今までのようなスキンケアではなく、年齢に合わせた細かなケアに注目が集まっています。
特に近年あらゆる化粧水や美容液に配合されるようになったものが、「コラーゲン」などの美容成分です。

この成分は化粧品だけでなくサプリメントや健康食品、ドリンクなど体内に摂取するタイプの製品にも含まれており、アンチエイジングの一端を担っている美容成分です。
この成分は人間の肌に存在するたんぱく質の一種で、主に肌の弾力やハリを保っています。
肌以外にも骨や関節、目の健康維持にも重要な役割を果たしています。

化粧品に含まれるものには、ヒト型コラーゲン、ゼラチン、加水分解コラーゲンなど、複数の種類が存在すると言われており、多く配合されているものがゼラチンと加水分解コラーゲンの二種類になります。
コラーゲンは基本的には、肌に塗ってもそのまま補うことができません。
真皮層と呼ばれる肌の深い部分に存在する物質のため、化粧水や美容液として塗るぶんには真皮層まで届かず、表面のみにとどまってしまいます。

コラーゲン化粧品はまったく効果がないのかというとそうではなく、近年の研究ではコラーゲンを塗る事によって逆に肌のコラーゲン増殖を促している可能性があると考えられるようになり、また肌そのものにも保湿効果を与えるため、乾燥肌の方はもちろん、肌のバリア機能を与えるために効果はあるものと考えられます。
コラーゲン配合化粧品は肌の保水力をアップさせ、紫外線によるダメージから肌を守るバリア機能を高めます。
また、乾燥からくるしわなどを改善する効果が期待できます。
コラーゲンは年齢によって減少していく物質であるため、加齢とともに体内、体外の両方から補う必要があります。
特に乾燥しがちな季節やしわ、くすみが気になる方は、化粧水などを使って外側からも保湿をしっかりと行う必要があります。

Copyright(C) 2013 肌に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.