まめ知識

コラーゲンの安全性って?

美容と健康に効果的とされるコラーゲンは、女性を中心に化粧品やドリンク、健康食品などに配合されて数多く用いられています。
体内では常に多くのコラーゲンが合成、分解されていますが、外からコラーゲンを「摂取する」ということに危険性はないのでしょうか?
コラーゲンは人体に存在する物質であるため、外から補っても特に副作用はないと考えられていますが、商品に配合されている種類によっては注意が必要な場合があります。

まず、原材料が何であるかを確認するようにします。
動物性のタイプのなかでも牛由来のものは狂牛病などの問題が危惧されるため使用には制限が設けられています。
また豚や鶏など動物由来のコラーゲンは吸収効率が悪く、尿となって排出されやすい特徴があります。

そのため、しっかりとコラーゲンを補う場合は、魚由来の海洋性タイプもしくは植物由来の植物性タイプを選ぶようにするのがよいでしょう。
植物性タイプなどは特に感染症の心配がなく、安全性が特徴的です。
また海洋性タイプは非常にヘルシーであり吸収効率も良いので、美容と健康と両方の面で効果が期待できます。

もちろん動物性タイプにも良質なたんぱく質が含まれていますので、食事は常にバランスを考えて摂取するようにしたいものです。
次に皮膚に直接注射する「コラーゲン注射」について考えてみましょう。
コラーゲン注射は美容外科などで行われている施術となり、しわやたるみを取り除くための施術としても人気があります。
同じような施術にヒアルロン酸注射というものがありますが、コラーゲンはヒアルロン酸に比べてアレルギー反応を起こす可能性が高めであるため、アレルギー体質の方や敏感肌の方、その他アレルギー症状の可能性が高い方などはヒアルロン酸注射などに変えた方が良いでしょう。
注射を受ける場合は事前にアレルギーテストを行い、担当の医師からしっかりと安全性についての説明を受けたうえで施術を受ける必要があります。

Copyright(C) 2013 肌に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.